カテゴリー「2010年2学期」の3件の記事

プロから学ぶパントマイム教室

【講師】

氏名: 明日可 ・ 郷田ごう
職業:パントマイミスト
プロフィール: 鎌倉市在住。

【講座概要】

パントマイムを通したコミュニケーション。想像して創造する楽しさ。パントマイムで遊ぼう!

【講座の様子】

20101106001 私事ですが、数年前に会社の納涼会にパントマイムをされる方々(男性二人組)が呼ばれて、そのコミカルな演技をすぐ近くで見たことがあります。持ち手のついた小さめのトランクを持ち上げようとしてなかなか持ち上がらない。持ち上がったと思ったら、今度はどうしたわけか、空間のその場に張り付いたように動かないトランク。それを汗をかきながら一所懸命引っ張っている。あの額に光る汗こそ熱演であるが故の本物の汗でしたが、実際にはトランクの中身は空っぽで、ひょいと片手で持ち上げて走ることだってできる、それがあんなに重く、びくともしないのは全てパントマイムの「技」のおかげ。ちょっと見ると簡単にできそうですが、なかなかそんな簡単ではありません。

この講座の講師は実際にパントマイムを職業とされているパントマイミストのお二人。ちょっと物静かな感じの郷田ごうさんと、指導するときはとても大きな声でハキハキ喋られる明日可さんのお二人です。

パントマイムなんてなかなか習う機会はありません。お二人は一つ一つの動きの基礎から丁寧に生徒たちに解説して、実際にプロの見本を見せて、指導してくださっていました。

ちょうど見学したときには、二人の人物が向い合って、二人の間にある(「ある」様に見せる)壁(もしくは扉)を叩いてみたり、横にずらしてみたり、上から向こうを覗いてみたり、お互いに押し合いをしてみたりという演技の練習でした。

2010122501_yugyojuku 何も無いところでいかにして「壁」があるように見せるか、そして、それを「押している」様に見せるか。パントマイムでは身体をいくつかの部分、パーツに分けて、それぞれ別々に動かすのだそうです。例えば、パントマイムで大きな壁を「押す」動きは手を使って押すように見えて、実は「腰」で押すのだそうです。手を前に突き出して胸と腰がその手を追いかけるように前に動かすと押しているように見えるのだそうです。逆に「押される」動きでは、手、胸、腰は固定して足先だけを滑らせて後退すると押されているように見えるのだそうです

パントマイムは実際に押したり、押されたりという時の動きを模倣するのではなく、本物らしく見えるような目の錯覚を利用した動きなんだということを改めて認識しました。

生徒たちは半分恥ずかしがりながらも、お二人の指導を受けて、熱心に演技に取り組んでいました。

【講師の方へのアンケート】

質問:講師を惹きつけたきっかけ、引き受けた動機、理由について教えてください。

学校の先生にご紹介いただきました。

質問:実際に講座を受け持たれてどのような感想をお持ちですか?また、藤嶺藤沢 の生徒たちへのメッセージがあればお願いします。

みんなそれぞれ一人一人違った個性を大切にして、パントマイムを経験したことを生かして、のびのびと人生を楽しんでください。

|

居合道入門

【講師】

氏名:遠藤 浩さん
職業:会社員(飲料水製造業)
出身地:藤沢市
学歴・職歴:昭和51年 藤嶺学園卒業。同年 現在の会社に就職。
趣味:剣道、居合道

【講座概要】

「居合道入門」(全日本剣道連盟制定居合)

刀の扱いと侍の所作を身につけて、隙のない自分を作り上げる。

【講座の様子】

しんと静まり返った剣道場で、私語もなく演武される居合道に“あれっ!”と引き込まれてしまう様な感覚。これって何?という第一印象でした。

礼に始まり礼に終る。その礼の仕方が本当に美しい。藤嶺学園が大事にしている精神そのものではないでしょうか?塾生は10名程。

20101103_001 刀を鞘から抜いて相手を切りつけ、刀についた血を振り落とし、また鞘に納める。この一連の動きを演じる塾生を見ていると、幕末にタイムスリップした気分。じっーと見ていると時代劇で演じられる立ち合いのシーンがこの居合道なんだ!と思い、これからテレビを見る楽しみがまた1つ増えました。そして塾生皆が龍馬と重なり、大志を持って幕末を生きた龍馬の様に、自分の目標にチャレンジ出来る若者に育って欲しいと願いました。

最後に皆様も機会があれば是非一度、白い羽織袴の先生の演武を見て下さい。気持ちが凛とします。
(記事担当:広報委員 安部)

【講師の方へのアンケート】

質問:この講座のねらい(この講座で生徒たちに伝えたいもの、学んでほしいことなど)を教えてください。

  • 刀の扱い方と居合道の所作を身につける。
  • 居合道を基として、礼儀を身につける。
  • 正しい姿勢を身につける。

質問:講師を引き受けたきっかけ、引き受けた動機、理由について教えてください。

恩師(小林教頭先生)からの薦めにより本講座を引き受けました。中学生に居合道を指導する機会はなかなか無いものなので、是非指導をしてみたいと思いました。

質問:ここまで講座をやってみて、抱かれた感想を教えてください。

一般的に私達が学ぶ剣道は竹刀による指導がほとんどであり、いざ木刀と鞘を持たせ、振らせてみると、今までと異なった世界に入り込み、集中している生徒たちの姿は、実にかわいらしく、立派である。

質問:藤嶺藤沢の生徒たちへのメッセージや、遊行塾というカリキュラム、藤嶺藤沢中学に対するコメントがあればお願いします。

自分たちが選択した遊行塾のカリキュラムでは元気よく、また楽しんで受講して、自己の成長に結びつけていって欲しい。

|

2010年度2学期遊行塾スケジュール&講座一覧

2010年度2学期 藤嶺学林遊行塾開講スケジュール

  1. 9月4日
  2. 9月18日
  3. 10月2日
  4. 10月 9日
  5. 11月27日
  6. 12月4日

上記日程の3、4限目(11時〜12時30分)に行われます。
講座によっ ては終了時間が変更されたり、校外で実施されるものもあります。

2010年度2学期遊行塾講座一覧

二学期に開講されている講座の一覧です。括弧内は使用する教室ですが、回によっては開催場所が変更になっている場合があります。

  • 居合道入門(剣道場)
  • バイオテクノロジー入門(高校棟生物実験室)
  • 能楽って何(記念館)
  • 模擬裁判(3-1)
  • 初心者のバードウォッチング 秋冬Ver.(3−2)
  • 正しいテーピング(高校棟 H41)
  • り紙で数学II(2-3)
  • プロから学ぶパントマイム教室(高校棟 H44)
  • 鎌倉寺社巡り(2-1)
  • ライフデザイン入門(生徒指導室)
  • 誰でもかける 野菜・くだもの・魚・花 絵手紙教室(1-2)
  • 自分だけのハンコを作ろう!(1-3)
  • デジタルカメラで人を美しく撮る方法(中学棟 美術室)
  • 声に宿る魔力〜朗読劇〜(1-1)
  • 君の星座は何座?(高校棟 H43)
  • 神奈川を歩こう!V(2-4)
  • スペシャル音楽教室 PART II(音楽室)
  • 手作りTシャツを作ろう(1-4)
  • 面白実験講座(化学教室)
  • 本物の免許をとろう(高校棟 情報処理室)
  • 帰しま1000(3−4)
  • 一筆入魂(2-2)
  • 世界遺産 学びのススメ(地下ホール)
  • ソフトダーツ競技入門(3-3)
  • インド式トクトク暗算数学 STEP UP 講座A(高校棟 D11)
  • 数学 STEP UP 講座B (高校棟 D12)
  • 数学 STEP UP 講座C (高校棟 D13)
  • 数学 STEP UP 講座D (高校棟 D14)
  • 英語 STEP UP 講座A (高校棟 H42)
  • 英語 STEP UP 講座B (高校棟 D12)
  • 英語 STEP UP 講座C (高校棟 D13)
  • 英語 STEP UP 講座D (高校棟 D14)

|